«
»

日露首脳会談「新たな発想・アプローチ」が意味不明で各紙低い期待

◆腰を据えた産経主張

 「守るべき原則を大切に」が朝日、「『新発想』でも原則堅持を」が産経。いずれも8日付社説(主張)のタイトルである。安倍晋三首相が6日にロシア南部ソチでプーチン大統領と会談し、北方領土問題の解決に向けて、これまでとは違う「新たな発想に基づくアプローチで交渉を進める」ことで一致したことについて論じた。

 タイトルから分かるように日頃、両端に分かれることの多い両紙の論調が同じようになった数少ないケースと言えよう。交渉の行方に懐疑、警戒感を滲ませているのは「新たな発想・アプローチ」が具体的にどういうことなのか、不透明だからである。外交交渉の中身を明かせないことがあるのは分かるが、発表された「新たな発想」という文言以上のことは何も分からない。関係者も分かってはいまい。分かっているのは両首脳だけだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。