«
»

共産と民進との共闘を後押しする朝日一連の憲法シリーズ・コラム

◆国民に遵守求めず?

 憲法記念日の3日付朝日には驚かされた。根本清樹・論説主幹が1面肩のコラム「座標軸」の冒頭にこんなことを書いていたからだ。

 「喫茶店や居酒屋での勉強会はクイズから始まる。『国民は憲法を守らないといけない。○か×か?』。正解は×――」  なんと国民は憲法を守らなくてもよいと言っているのだ。勉強会は「明日の自由を守る若手弁護士の会」が開いているもので、同会の新著『憲法カフェへようこそ』になぜ×が正解か、説明があるという。

 それによると、「法律は国民が守らなければならないが、憲法は違う。憲法は、国民が首相や大臣、国会議員などの為政者に守らせる約束事。…憲法には政治権力がしていいこと、いけないことが書いてある。権力を憲法で縛り、暴走を防ぎ、国民の基本的人権を守る」。それが「立憲主義」の思想なのだそうだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。