«
»

精子提供で出産するレズビアンの倫理無視に「NO!」と言わない日経

◆現状容認に傾く論調

 同性カップルを「結婚に相当する関係」と認めて証明書を発行する、東京都渋谷区のパートナーシップ条例を施行してから4月で1年になる。これに合わせて、過去1カ月間は、いわゆる「LGBT」(性的少数者)に関する記事が目立った。その多くは、彼らの権利拡大を促す論調の記事だが、その中で、特に気になった記事がある。日経新聞17日付「かれんとスコープ」だ。

 「LGBT 親になる」との見出しで、女性記者の署名入りだ。なぜ気になったかと言えば、性的少数者と言ってもいろいろある中で、子供が生まれないはずの同性カップル、特にレズビアン(女性同性愛者)の間で子供を産むケースが増えているというのだ。これは由々しき事態である。ところが、この記事は、せっかくの署名ながら、レズビアンの倫理無視の行為に警鐘を鳴らすどころか、現状追認の論調に傾いていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。