«
»

熊本地震の余震が続く中で原発の不安を煽り立てる朝毎などの社説

◆記録的災害続く日本

 「地震、雷、火事、親父」。古来、日本人は怖いものの筆頭に地震を挙げてきた。

 明治期の『日本災異誌』によれば、允恭(いんぎょう)5(416)年から明治17(1884)年までの間に起こった自然災害の数は、およそ2600だという(『週刊朝日百科 日本の歴史』131・広井脩氏)。記録に残されるほどの災害が毎年、2件も発生していた勘定になる。

 その最たるものが大地震だった。鴨長明は元暦2(1185)年に都で遭遇し「恐ろしいものの中で、最も恐ろしいと思うべきなのは地震であったと痛感したことだった」と、『方丈記』に記した。余震は3カ月も続いたという。

 明治以降、近代科学をもって災害対策が講じられてきたが、それでもなお、恐ろしさから逃れられない。熊本大地震は改めてそう痛感させた。だが、先人はそこで立ち止まっていたわけではない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。