«
»

厳しい国際情勢を共通認識したG7外相会合を角度付きで論じる朝日

◆核廃絶の理想と現実

 「原爆がもたらした被害に触れた経験を、核兵器廃絶への歩みを加速する原動力にしてもらいたい」(朝日)、「この会合を、核のない世界に向けた確かな一歩にしたい」(毎日)、「『核なき世界』をめざす大きな一歩として実現を期待したい」(日経)、「核兵器を保有する米英仏3か国も賛同し、核廃絶を追求する明確なメッセージを被爆地から発出した意味は重い」(読売)。

 広島市で開かれた米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、カナダと日本の先進7カ国(G7)外相会合が11日に、「核兵器のない世界」の実現に向けた決意を示す共同文書「広島宣言」を採択したほか、昨年に続いて中国を念頭に南シナ海などの状況に懸念を表明した「海洋安全保障に関するG7外相声明」、5月の伊勢志摩サミットに向けて国際的なテロ対策の取り組み強化の方針などを盛り込んだ「G7外相共同声明」などを発表して閉幕した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。