«
»

憲法「前文」に国柄書くのは世界の常識と知るべき朝日の自民案批判

◆社会党が嘆いた悪文

 現行憲法の前文は「悪文」として知られる。憲法案が審議された第90回帝国議会(1946年)で日本社会党の鈴木義男議員は党を代表して前文に疑問を呈した。

 「まことに冗漫であり、切れるかと思えば続き、まるでこれは、源氏物語の法律版を読むような感じがする。極端に言えば、泣くような、訴えるような、細かく長く切れることのない糸のようだ。一抹の哀調さえ漂っているようで、これが果たして国を治める立派な文章といえるであろうか」

 護憲の旧社会党をもってしても前文は「悪文」だった。当時、内閣法制局第1部長として直接制定に関わった井手成三氏によると、GHQ(連合国軍総司令部)が示したマッカーサー草案の前文に日本側は猛反発した。帝国憲法に前文がなく、そもそも前文の概念がなかったからだという(『困った憲法 困った解釈』時事通信社刊)。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。