«
»

高浜原発差し止め、最高裁判示を無視した決定を批判する読、産

◆仮処分の後の悪影響

 今年1~2月に再稼働した関西電力高浜原子力発電所3、4号機(福井県高浜町)に対して、福井県に隣接する滋賀県の住民29人が運転差し止めを求めた仮処分で、大津地裁(山本善彦裁判長)は9日に、関西電力に運転差し止めを命じる仮処分決定を出した。山本裁判長は「過酷事故対策などには危惧すべき点があるのに、原発の安全性の確保について関電は主張や証明を尽くしていない」と判断した。仮処分決定で運転中の原発が止まるのは初めてのことである。

 決定は直ちに効力が生じるため、関電は10日から高浜3号機の運転停止作業に入り、停止させた(4号機は停止中)。その一方で関電は決定を不服として保全異義、決定の効力を止める執行停止をそれぞれ大津地裁に申し立てる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。