«
»

パリ協定採択で脱化石燃料社会での原発稼働反対の本音が覗く朝毎

◆高揚感ある各紙社説

 とにかく参加196カ国の合意がなければ何も始まらない。そこで何とか12日夜(日本時間13日未明)に合意に漕(こ)ぎつけたのがパリで開かれていた国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(CОP21)が採択した「パリ協定」である。2020年からの地球温暖化対策の新たな枠組みとなる。

 「対策の実効性と公平性の面で大きな前進だといえる」(日経15日・社説)、「数年来のCОPの積み上げによる歴史的合意への到達だ」(産経同・主張)、「地球温暖化対策の重要な前進」(読売同・社説)、「温暖化への危機感を世界が共有して踏み出す第一歩である」(朝日同・社説)、「人類の未来を守るために、国際社会が歴史的な合意にたどり着いた」(毎日同・社説)、「地球温暖化抑制への重要な一歩が踏み出された」(小紙同・社説)。

 人類の未来がかかるパリ協定採択について論ずるだけに、各紙論調には少しばかりの高揚感がにじむ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。