«
»

H2A初の商業衛星打ち上げに地理的な弱点の克服など各紙が評価

◆MRJに続きエール

 日本の航空宇宙業界にとって、2015年の今年はまさに記念すべき年になったと言えるだろう。約半世紀ぶりの国産旅客機、三菱リージョナルジェット(MRJ)の初飛行成功と、H2Aロケット29号機による初の商業衛星打ち上げ成功である。

 今回は後者の、初の商業衛星打ち上げ成功(先月24日)について、各紙の論評を取り上げたい。

 各紙社説の見出しは次の通り(掲載日順)。読売(25日付)「官民で商業衛星の受注拡大を」、東京(同)「広がる宇宙ビジネス」、日経(27日付)「国産ロケットの競争力磨け」、本紙(同)「打ち上げビジネスの扉開く」、毎日(28日付)「競争力を更に高めたい」、産経(同)「宇宙産業を『成長軌道』に」――。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。