«
»

「夫婦別姓」容認の各社説など「家族の多様性」論に欠ける子供の福祉

◆「個」を理由に正当化

 本紙27日付論壇時評に「家族の復権」と題する月刊誌「正論」12月号の特集が紹介されていた(森田清策・編集委員)。テレビも新聞も「家族の多様性」を理由に同性婚の容認論に染まっているが、容認論は子供の福祉を抜き去っており、婚姻制度を壊して国を滅ぼす。池谷和子・長崎大学准教授らのそんな指摘が印象的だ。

 このことは夫婦別姓にも通じる。最高裁は近く夫婦別姓訴訟への判決を下すが、新聞には別姓容認論が目立つ。日経6日付社説「選択的夫婦別姓を前向きに」は、選択制は別姓を強制するわけではないから、不自由な思いをする人がいるなら、その悩みを受け止め、異質だといって排除しない。「そんな多様性を認める発想こそ、成熟した社会に必要」と論じる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。