ワシントン・タイムズ・ジャパン

連続マイナス成長でも中長期的視点だけで成長基盤強化を説く各紙

◆好循環は風前の灯火

 多くの経済調査機関の予想通り、15年7~9月期の国内総生産(GDP)は、実質で前期比0・2%減、年率換算では0・8%減と2期連続のマイナス成長になった。連続マイナス成長は14年4~6月期、7~9月期以来で、日本経済は景気後退と言われてもおかしくない状況にある。14年4月に実施された消費税増税から1年半が経過しても、この状況だ。

 今回は増税の悪影響から立ち直りきらないうちに、中国経済の減速などの影響という不運が重なった形だが、「アベノミクス」の当初、円安・株高から日増しに消費増→生産増→賃金・設備投資増→消費増の経済好循環を実現しつつあった勢いは今や風前の灯火(ともしび)。何とも残念な姿である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。