ワシントン・タイムズ・ジャパン

中国海洋覇権の野望にエネルギー安全保障の危機を訴える東洋経済

◆実力行使に出た米国

 フランスのテロ事件で世間の目がヨーロッパに向かっている中で、米国と中国が今、緊張関係にある。南シナ海・南沙(英語名・スプラトリー)諸島での中国のゴリ押しともいうべき軍事化拠点のための人工島開発に対して周辺国が反発を強め、自由主義国の盟主米国が中国に対してようやく実力行使に出たからである。10月27日に米海軍の駆逐艦が人工島周辺を航行。また11月18日には米国の戦略爆撃機B52が同諸島付近を飛行した。一方、中国側は米艦船をフリゲート艦で監視・追跡し、またB52に対しては中国の地上管制官が警告を発したという。

 近年、中国は日本に対して東シナ海の尖閣諸島の領有権を主張し、南シナ海においては広範囲にわたって領海を主張している。併せて中国は2013年11月に尖閣諸島を含む防空識別圏を新たに設定するなど、これまでの国際ルールを無視する動きを活発化させている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。