«
»

日曜朝から子供には見せられぬLGBT特集流す感性劣化のNHK

◆まるでキャンペーン

 最近NHKで、いわゆる「LGBT」(性的少数者)や「同性婚」に関する番組や特集が頻繁に組まれている。BS1「世界のドキュメンタリー」(「『提案8号』への挑戦~アメリカ同性婚を巡る闘い~」=11日)、「サキどり」(「ひらけ未来 LGBT×経済」=15日)、「クローズアップ現代」(「“家族”と認めてほしい~同性パートナーシップ承認の波紋」)(18日)などだ。

 このほか、18日放送の「おはよう日本」はLGBTへのアンケート調査結果の内容を中心に、約10分間にわたって特集した。東京都渋谷区で今月5日、同性カップルを「結婚に相当する関係」と認めるパートナーシップ証明書の発行がスタートしたのを受けての一連の番組づくりなのだろうが、これだけ続くと、まるでLGBTキャンペーンである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。