«
»

BPO意見書をNHK倫理違反より安倍政権批判にすり替える朝毎

◆「やらせ」問う読・産

 事前取材も裏付け取材もなしに、情報提供者の証言に全面的に依存し、報道番組で許容される演出の範囲を著しく逸脱。「隠し撮り」風の取材で事実を歪曲し、スタッフ間で健全なチェック機能も働かず、重大な倫理違反があった――。

 こんな指摘がずらりと並び、弁解の余地はない。NHKの報道番組「クローズアップ現代」の「やらせ疑惑」を審議してきた放送倫理・番組向上機構(BPO)の意見書だ(各紙7日付)。

 NHKは昨年5月、同番組で多重債務者がブローカーを介し出家して戸籍名を変え、住宅ローンをだまし取る「出家詐欺」を特集したが、ブローカーが今年3月、週刊文春に「記者の指示で演じた」と告発。NHKは4月に事実の捏造につながる「やらせ」を否定し、BPOの放送倫理検証委員会が審議してきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。