ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

若田さん2度目のISS長期滞在に宇宙開発の「夢」託す読売、産経

◆日本初の宇宙船船長

 約半年にわたる若田光一さんの2度目の国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在が始まった。7日にカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から、若田さんら3人の宇宙飛行士を乗せたソユーズ宇宙船が打ち上げられ、約6時間後の当日のうちにISSに到着し、早くも活動を開始した。

 若田さんの宇宙滞在は米スペースシャトルを含め、今回で4回目。日本人初のISS組み立て作業従事、日本人初のISS長期滞在と「日本人初」のミッションが少なくない若田さんだが、今回も長期滞在後半の約2カ月は、日本人初のISSコマンダー(船長)を務める。

 文字通り、船長としてISSの維持管理や各種の実験実施の司令塔となり、また、緊急時の米露乗組員5人の安全確保など滞在ミッションのすべてに責任を持つ。

 こうした大役を担う若田さんに対し、社説で論評したのは8日付の産経、9日付の本紙、10日付の読売の3紙のみで、少し寂しい感じがする。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。