ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

日露2プラス2で、日本の有利性を詳述した正論・木村汎氏の論考

◆対中国めぐり各解説

 「海賊・サイバー対策で協力/日露、初の2プラス2協議開く」(小紙3日付第1面トップ記事見出し)

 日本とロシア両政府がこの2日に初の外務・防衛閣僚協議(2プラス2)を開き、①自衛隊とロシア軍による海賊対策の共同訓練をソマリア沖・アデン湾で行う②サイバー安全保障を協議する③2プラス2を定例で開く――など合意した。夕刊のある読売、朝日、毎日などは2日付夕刊で、朝刊紙の産経、小紙は3日付でそれぞれ第1面で大きく、この第1報を伝えた。続く、背景をとらえた解説記事や論説は3日以降に掲載された。

 そこで、解説含みの記事から。各紙とも、今回の日露接近の動きに、台頭する中国の存在を指摘する。「名指しこそ避けたものの、日露共通の脅威である中国をにらみ、両国の連携をアピールする狙い」(読売3日付)は明らかだからだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。