«
»

NHK「クロ現」報告/「やらせ」否定の調査委をずばり断罪した産経

◆看板番組に4紙社説

 「やらせ」疑惑が告発されていたNHKの看板番組「クローズアップ現代」(クロ現)について、同局の調査委員会は4月28日に「過剰な演出や視聴者に誤解を与える編集が行われた」とする一方で、同局解釈の「事実の捏造(ねつぞう)につながる」とする「やらせ」はなかったという最終報告書を公表した。報告を受け、NHKは記者を停職3カ月とするなど関係者15人を懲戒処分し、籾井勝人(もみいかつと)会長ら役員4人は一部報酬の自主返納を申し出た。

 問題の番組は、昨年5月14日放映の「追跡“出家詐欺”~狙われる宗教法人~」。週刊文春(今年3月26日号)が番組でブローカーとして登場した人物の証言などをもとに「やらせ」疑惑を指摘したのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。