«
»

多党化で議論がますます薄まった統一地方選前のNHK「日曜討論」

◆10党は多すぎる印象

 統一地方選が26日の10道府県知事選告示をもって開幕した。22日放送のNHK「日曜討論」は選挙に向けて「地方創生・原発・安保 10党に問う」と題した政治討論を行った。

 10党の出席者は、自民党・茂木敏充選挙対策委員長、民主党・玄葉光一郎選挙対策委員長、公明党・斉藤哲夫選挙対策委員長、維新の党・柿沢未途政務調査会長、共産党・小池晃副委員長、次世代の党・松沢成文幹事長、社民党・又市征治幹事長、生活の党と山本太郎となかまたち・山本太郎共同代表、日本を元気にする会・山田太郎政策調査会長、新党改革・荒井広幸代表。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。