«
»

海外で「同性婚」容認増加と紹介しても、問題点に触れぬ「TVタックル」

◆性的少数者に親和性

 「単純接触効果」という心理学用語がある。何度も見たり聞いたりしていると、抵抗感が薄れ、好感度が高まるという心理現象だ。近年、日本のテレビに、女装タレントをはじめとした、いわゆる「性的少数者」が登場しない日はない。

 社会通念にとらわれない生き方を選ぶタレントらの辛辣(しんらつ)な発言が視聴者受けするなど、起用される理由はいろいろあるだろうが、テレビ・芸能界で働く人たちは単純接触効果によって、彼らに親和性を持つようになるはずだ。近年「LGBT」(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)の人権をテーマにした番組が増えているのもうなずける。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。