ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

戦後70年談話へ朝日を除き視野、視点が幅広く多彩、多角的な各紙

◆反日宣伝に拠る朝日

 「20世紀を振り返り21世紀の世界秩序と日本の役割を構想するための有識者懇談会」(21世紀構想懇談会)という何とも長ったらしい名称の会議が先月25日に初会合を開き、注目を集めている。安倍晋三首相が今夏発表する戦後70年談話に、懇談会の活発な議論がその素材となるからである。

 懇談会のメンバーは学識経験者や経済人、外務省OB、メディア関係者など16人。座長に西室泰三・日本郵政社長、座長代理に北岡伸一・国際大学学長が就任した。メンバーには保守の論客である中西輝政・京大名誉教授が入り、「新日中友好21世紀委員会」日本側座長を務めた西室氏が座長となるなどなかなかバランスをとった構成である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。