ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

ネット起業家の焦りも窺えるNW日本版の「宇宙ビジネス」関連記事

◆全地球カバーの衛星

 ニューズウィーク日本版(2月24日号)の「新世代起業家は宇宙を目指す」と題した記事は「宇宙ビジネス」の話。宇宙空間を利用して、通信とくにインターネット技術を飛躍的に発展させ、ビジネスにつなげたいという米国の投資・起業家、企業の活動についてのリポートだ。

 例えばその一人、リチャード・ブランソンなる人物が先月「高速衛星通信網の構築を目指す新興企業ワンウェブへの投資を発表し」話題になった。

 「(同氏はおそらく)全地球をカバーする衛星によって、一度に数十億人を結ぶネット環境が可能になると判断したのだろう。そうなればへき地に暮らす人々や、独裁的な政府にネット接続を遮断されている人々も恩恵を受ける。実現すれば、世界情勢に興味深い影響を与えることになるだろう」「衛星を利用した地球規模のネット環境構築の試み」だと分析し、称賛している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。