ワシントン・タイムズ・ジャパン

阪神大震災20年に災害時報道の在り方で「娯楽」論じる「新フジ批評」

◆救助妨げる報道ヘリ》

 6434人の犠牲者を出した1995年の阪神大震災から1月17日で20年を迎えた。

 NHKはこの日、震災発生時刻に合わせた早朝の番組をはじめ、昼、夜と続き翌日も特集番組や関連ドラマなどを放送した。

 一方、民放は大々的に特集番組を組まず、ニュース報道以外は普段通りの番組が多かった。

 その民放の中で、少し違った視点から阪神大震災を振り返る番組があった。17日早朝に放送された「新・週刊フジテレビ批評」だ。

 同番組は「フジテレビの放送番組についてチェックする自己検証番組」を謳(うた)っており、第三者ではなく自社で番組批評することをウリにしている。

 17日の放送は、特定の番組ではなく、ゲストに防災システム研究所の山村武彦所長を呼んで、自然災害時のテレビ報道の在り方を論じた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。