ワシントン・タイムズ・ジャパン

今年の「経済大予測」でカギとなる原油安の動向に各誌の関心が集中

◆経済に楽観的見通し

 原油安が続いている。ようやく、日本のガソリン価格も庶民が「安くなった」と実感できるレベルには来たようだ。ガソリン価格の値下がりは25週連続で過去最長。業界ではさらに値下がりは続くとみている。ガソリン価格の低下の原因はもちろん、原油安に由来しているのだが、果たして、原油安がいつまで続くのか、2015年の日本経済、世界経済の動向を占う意味でも重要なキーワードとなっている。

 そこで原油の動向について調べてみると、経済3誌とニューズウィークが幾つかの分析調査を報告している。経済誌は年末から年明けにかけて毎年恒例の「経済大予測」なる企画をするが、その中で原油の動向について予測している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。