ワシントン・タイムズ・ジャパン

民主党代表選に「新しい公共」など文化共産主義的価値観で煽る朝日

◆日経で戦後70年政治

 18日に投開票される民主党代表選には長妻昭元厚生労働相、細野豪志元幹事長、岡田克也代表代行の3氏が立候補し目下、選挙戦たけなわだ。

 と言っても、維新の党との合併をめぐる暴露合戦や旧社会党を思わせる古典的リベラルの訴えなど“論戦”は内向きだ。これでは政権を任せる気持ちが湧いてこない。

 健全野党の不在。戦後政治はそう言われた。55年体制下の野党第1党は日米安保や自衛隊に反対する社会党で、親ソ派や親中派、親朝派、極左派等々の共産主義グループが闊歩(かっぽ)し、とても政権を任せられなかったからだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。