ワシントン・タイムズ・ジャパン

歌の論評もなくNHK紅白ばかり話題にする“平和な”各誌新年特集

◆新潮は他愛ない裏話

 年が明け、松も取れて、寒波の中で日本列島は新年を迎えている。週刊誌は「迎春増大号」を出しているが、内容は新しい年のスタートにしては物足りない小ネタばかりだ。なかでも大晦日に行われたNHK紅白歌合戦の「舞台裏」を書き連ねた「特集」が各誌を飾る一番大きな記事となっているのは、この国の平和さを物語っているようでもある。

 週刊新潮(1月15日号)は「画面には映らなかった紅白『舞台裏』」を載せ、週刊文春(1月15日号)も同じような「紅白歌合戦『楽屋ウラ』全情報」を伝えている。

 最近の紅白は和洋中の料理がメーンディッシュもデザートも一つのテーブルにてんこ盛りになっているビュッフェパーティーのようになってしまい、年の瀬にじっくりと1年を振り返りながら、流行(はや)った歌を聞きたいと思う視聴者の願いはまったく無視された作りになってしまった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。