«
»

安倍政権圧勝のタイミングで群衆とナチス扱う「サンモニ」新春特集

◆戦後70年に当てつけ

 戦後70年の新年を迎えたところで、4日放送のTBS「サンデーモーニング」は「新春スペシャル“群衆”と戦後70年」という特集を組んでいた。ナレーションで「今、世界で起きている群衆の動きを通して戦後70年の日本と世界を考える」というから、日本をどう考えるのかに関心が向く。

 ところが、「群衆と戦後70年」といっても、「群衆」はウクライナから香港まで主に昨年世界で起きた暴動やデモ、紛争を扱い、「戦後70年」はヒトラーの内容だ。これで「戦後70年の日本」を考えるのには違和感がある。

 このところ日本で群衆が大きな事件を起こすことはなく、世界から見れば平穏だ。また、国内なら日本の終戦を起点に考えるのが普通であり、戦時の日本にヒトラーのような独裁者は存在せず、ナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)のように政党が政権をとったわけでもない。つまり、当てはまらないのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。