ワシントン・タイムズ・ジャパン

日本人の底力を示す次世代の乗り物技術に「夢」を描くエコノミスト

◆水素やリニアに注目

 自動車、新幹線をはじめとして日本の輸送技術が世界で高い評価を受けていることは周知の事実。その安全性、技術力は世界を席巻するものがあるが、ここにきてさらに世界の注目を集める次世代の乗り物がある。具体的には水素自動車(燃料電池車)、リニア新幹線、国産ジェット旅客機である。

 ちなみに12月15日、トヨタ自動車は水素と酸素を反応させて電気をつくり、それを動力として車を走らせる水素自動車「MIRAI(ミライ)」を発売した。CO2を排出しない「究極のエコカー」として同社が開発から商品化まで20年かけて作り上げた代物である。一方、超電導技術を使って走るリニア新幹線が商用化に向けて動きだした。JR東海が2027年の東京―名古屋間でのリニア新幹線営業開始に向け17日に着工した。航空分野では三菱航空機が海外の航空会社に対し、同社開発の民間小型旅客機「MRJ」の17年納入に向け着々と準備を進めている。いずれも日本が誇る世界トップレベルの技術を注入した製品で、まさに産業革命に次ぐ現代の「交通革命」に匹敵すると言っても過言ではない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。