ワシントン・タイムズ・ジャパン

富士山噴火に古文書記録と地中の異変を追い現実性示した「新報道」

◆一昔前なら科学番組

 今年は自然災害の猛威に見舞われた一年だ。2月の首都圏の大雪、8月の広島市を襲った豪雨と土砂災害、9月の御嶽山噴火……12月に入っても各地で雪害が発生しており、改めて我が国が自然災害列島であることを思い知る。

 これら災害のたびにテレビでは関係する専門家らの出番となったが、14日放送のフジテレビ「新報道2001」はこれら専門家を招いて「歴史に学ぶ富士山大噴火の危機」というユニークな特集を組んでいた。災害が起き痛々しい現場を中継すれば、スタジオの専門家らも沈鬱な口調になるが、危機の想定ならば研究と知識を発揮し、防災に資する発言も活発になる。

 江戸時代の宝永噴火(1707年)の記述がある「岡本元朝日記」を書いた秋田藩記録係の岡本元朝など4人の古文書について、磯田道史・静岡文化芸術大学教授は「江戸時代は非常にリテラシーが高い。彼らが記録した直接体験は信用できる」と太鼓判を押した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。