«
»

ニュース番組を「番宣」利用したNHK杯フィギュアの羽生偏向報道

◆悪しき視聴率主義に

 「番宣」(番組宣伝)というテレビ業界用語がある。特定番組の視聴率を上げるための宣伝のことだが、放送中の番組で、視聴者に向けて自局の他番組をPRすることもこれに当たる。例えば、2日放送のNHKのトーク番組「スタジオパークからこんにちは」のゲストは、現在放送中の土曜ドラマ「ダークスーツ」の主演俳優斎藤工だった。

 自局のドラマに出演して人気を集める芸能人を登場させれば、それだけでトーク番組の視聴率が上がる。一方、連続ドラマが人気低迷する場合では、その主演俳優を別番組に露出させれば、視聴率アップにつながる可能性がある。つまり、連続ドラマとトーク番組はそれぞれに持ちつ持たれつの関係にあるわけだ。視聴者にとっても、注目ドラマで主演を張る俳優について、私生活も含めてさらに知ることができるというメリットがあるから、NHK、民放にかかわらずトーク番組の番宣利用はよくある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。