«
»

米中共同会見で中国が示唆した太平洋分割案に言及ない「日曜討論」

◆合意内容で意見二分

 北京で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)に合わせて、安倍晋三首相と中国の習近平国家主席が首脳会談を行ったことは、大きな注目を集めた。

 16日放送のNHK「日曜討論」は、日中首脳会談の成果や今後の日中関係について、岸田文雄外相や中国専門家を呼んで議論した。

 番組内で意見が分かれたのが、首脳会談前に発表された4項目の合意内容にある「尖閣諸島等東シナ海の海域において近年緊張状態が生じていることについて異なる見解を有していると認識し」との文言だった。

 この文章があいまいな表現になっていることから、中国が国際的な場で恣意(しい)的に使い、徐々に「領土問題がある」と既成事実化を図っていくのでは、と危惧する声がある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。