ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

朝日「林彪事件をたどって」の続編で自らの事件報道にメスを入れよ

◆中共の組織矛盾突く

 朝日の古谷浩一中国総局長が夕刊紙上に「林彪事件をたどって」と題する興味深いシリーズを執筆した(10月17~31日付=全11回)。

 古谷氏は1年前に中国総局長として北京に赴任して以来、取材の合間に、手探りで林彪事件(1971年9月13日発生)の真相を調べてきた。それは近年の薄熙来や周永康の失脚劇に見られるような「激しい権力闘争を繰り返す中国共産党という組織の矛盾が、林彪事件に凝縮されているのではないか」との思いからだという。

 林彪は毛沢東に後継者とされ、文化大革命で辣腕を振るったが、クーデターを企てたことが発覚し、専用機でソ連に亡命を企てて墜落、死亡した。中国当局は1年近く事件を公表しなかった。連載は墜落地のモンゴルや生存する関係者を取材した力作である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。