ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

議論が北朝鮮ペースの土俵に乗った邦人拉致めぐるNHK日曜討論

◆拉致問題薄めた協議

 北朝鮮による日本人拉致被害者の再調査報告が遅れていることについて説明を受けるため、10月28~29日に平壌入りした日本政府代表団が30日に帰国し、安倍晋三首相に協議内容を報告した。

 再調査は北朝鮮特別委員会により①拉致被害者②行方不明者③日本人遺骨④日本人配偶者――の四つを同時並行で行い、夏の終わりから秋の初めに最初の報告をするとされていた。北朝鮮側からの説明は、日本が最優先する①ではなく③についてであり、拉致という核心問題を外していた。

 拉致被害者帰国が国民的関心事のなか10月26日のNHK「日曜討論」は、政府代表団が北京経由で平壌入りする直前に「“拉致再調査”代表団派遣 北朝鮮はどう動く」と題する討論番組を組んだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。