«
»

半世紀ぶりの国産旅客機お披露目に社説掲載は日経、東京2紙のみ

◆声援送り覚悟を問う

 三菱航空機が開発中の国産旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」が、このほど公開された。国産旅客機のお披露目は、1962年に初飛行し、73年に生産終了となったプロペラ機「YS11」以来、実に半世紀ぶりである。

 MRJは座席数が70~90、近距離路線向けの小型ジェット旅客機。2008年に事業がスタートし、今回ようやく完成。今後、15年に初飛行、17年から機体納入の予定。飛行試験を日本と米国で行い、初号機は他社に先駆けて受注を決めたANA(全日本空輸)に納入するという。

 半世紀ぶりの国産旅客機、しかもジェット旅客機としては初めてのお披露目に、社説での論評は、日経(19日付)と東京(23日付)の2紙のみ。寂しい限りである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。