ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

「私たちの道徳」の使用を強要したかのような印象与える「時論公論」

◆「国定」批判持ち出す

 文部科学相の諮問機関である中央教育審議会(中教審、安西祐一郎会長)は21日、小中学校の道徳を「特別の教科」と位置付ける内容を下村博文文科相に答申した。これにより、早ければ平成30年度から正式な教科としての道徳が始まる。義務教育の大転換と言えるだろう。

 NHKは22日の「時論公論」で、教育問題担当の西川龍一解説委員が「“特別の教科 道徳”の課題」として、答申が出されるまでの経緯や教科化までの課題を解説した。

 西川解説委員は答申のポイントを①道徳を「特別の教科道徳」と位置付けること②数値による評価はしないものの、子供たちの道徳性を総合的に把握し、評価を文章で記述すること③他の教科と同じように、国の検定を受けた教科書を導入すること、と説明。その上で、教科書検定をどのようにするのか、子供の内面の変化を教員がしっかり評価できるのかという課題を挙げた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。