«
»

言論規制でガス抜きの思惑が濃厚な朝日「第三者委員会」の虚報検証

◆不可解な初報の特定

 「内容は自信を持っている」。慰安婦問題の虚報をめぐって朝日の木村伊量(ただかず)社長は9月の謝罪会見でこう述べた。「吉田証言」を取り消した慰安婦特集(8月5、6日付)についてだ。ところが、朝日はその自信の作の一部を9月29日付で「おわびして訂正します」とした。

 特集では韓国・済州島で女性を強制連行したとする吉田清治氏(故人)の証言を虚偽だと判断して取り消したが、その初報(1982年9月2日付大阪本社朝刊)を大阪社会部の記者としていた。この元記者(66)は特集で「(吉田氏の)講演での話の内容は具体的かつ詳細で全く疑わなかった」と述べている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。