«
»

漱石作品を現代社会に照射し読み解く姜尚中氏アエラ記事に違和感

◆『三四郎』は都市論か

 文豪・夏目漱石の人となりや作品を紹介しながら、若者の生き方などを提示した「悩む力」などの作品がある政治学者の姜尚中氏が、アエラ10月13日号で「我がこころの漱石を旅する/姜尚中が行く熊本文学紀行」を載せている(ライターは矢内裕子さん)。

 文学作品の読み方は、もちろん各人の自由でありそれについてとやかく言うことはないのだが、姜氏の、漱石作品をもって現代社会を照射し、論じ批判したりするあり方にはどうも違和感がある。例えば、今回の記事の中で姜氏は次のように言う。

 「『三四郎』は日本初の教養小説だと言われていますが、東京の都市論としても読めます。100年前の人々は、東京をどのような街にしようと考えていたのか。2011年の震災を経て、2回目のオリンピックに向かって、東京はどう変わるべきなのか。『三四郎』を読みなおすことでヒントが見つかるのではないでしょうか」と。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。