ワシントン・タイムズ・ジャパン

遂に「慰安婦」報道の誤報は認めても動機を語らず謝罪もしない朝日

◆韓国の反日誘う捏造

 「この度し難き鉄面皮 朝日新聞の頬被り」。西岡力・東京基督教大学教授は昨年、こう朝日を批判した(『正論』13年8月号)。いわゆる慰安婦問題についてだ。「慰安婦=性奴隷」という不名誉な評論のルーツをたどると朝日の誤報に行き着くのになぜ朝日は訂正しないのかと問うた。

 西岡氏だけではない。読売は昨年5月、朝日が90年代初頭、戦時勤労動員だった『女子挺身隊』について日本政府による“慰安婦狩り”だったと全く事実に反する報道をしたことが慰安婦問題の発端となったと名指しで批判した(同5月14日付など)。

 1980年代に共産党系の吉田清治という人物が、済州島で強制連行し慰安婦にしたとの著作を著し、朝日がこれを大々的に報じたからだ。これに対して89年に済州島の地元記者が嘘(うそ)を看破し、その後、吉田自身が偽証を認めた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。