ワシントン・タイムズ・ジャパン

「ソドミズム」と呼ばれた性関係・LGBT容認記事垂れ流す大手紙

◆お墨付き与える朝日

 「ソドミズム」という言葉をご存じだろうか。昔、ソドムとゴモラという街が淫行にふけったため神の怒りに触れ、アブラハムの甥であるロト以外はことごとく滅ぼされた(旧約聖書)。モーセの十戒には「姦淫してはならない」とある。それで伝統的なキリスト教社会では「不自然な肉欲」とりわけ同性愛をソドミズムと呼んで禁じた。

 18世紀の革命期のフランスでサド侯爵(マルキ・ド・サド)がこれに反旗をひるがえし、「不自然な肉欲」の限りを尽くした小説『ソドムの120日』を著し、貴族でありながら「狂人」としてバスティーユ牢獄に幽閉された。

 仏教でも在家信者が保つべき「五戒」の徳目の中に邪淫(よこしまな性関係を結ぶこと)禁止があり、破れば焦熱地獄に堕(お)ちるとした。古今東西、淫乱は厳しく誡(いまし)められてきた。宗教、時代を超えた普遍的な道徳観だろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。