ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

日銀短観への論評は保守系4紙だけ、日経は個人消費に懸念示さず

◆日経は投資で楽観的

 日銀が1日に発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)は、大方の予想通り、4月の消費税増税に伴う駆け込み需要の反動減が響き、6四半期ぶりに企業の景況感が悪化したことを示した。

 もっとも、大企業製造業では先行き改善を見込み、今年度の設備投資計画が大企業全産業で大幅に伸びるなど明るい数字もみられた。麻生財務相が会見で語ったように、「消費税増税の影響を最小限に食い止め、経済は緩やかな回復軌道が続いている」というところか。

 この日銀短観について論評を掲載したのは、読売、産経、日経、本紙の4紙(いずれも3日付)。偶然にも保守系の新聞ばかりで、朝日や毎日、東京はこれまでのところ掲載は無し。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。