ワシントン・タイムズ・ジャパン

新年経済社説で抽象論の日経・朝日・毎日、具体論で真摯な産経・読売

元日に明治神宮に初詣をする参拝客ら =1日午後、東京渋谷区の明治神宮

資本主義論語る3紙  今年最初の小欄担当ということで、やはり、各紙年頭の経済社説を取り上げたい。

 見出しは次の通りである。元日付日経「資本主義を鍛え直す年にしよう」、3日付朝日「『新しい資本主義』/『関係の網』視野に入れて」、毎日「資本主義の見直し/人と暮らし支える経済に」、産経「コロナ過と経済/感染抑止し着実な回復を/賃上げ実現へ生産性を高めよ」、4日付読売「日本経済再生/好循環への明確な道筋を描け/企業の消極姿勢を転換させたい」、5日付本紙「新年の日本経済/再生に警戒要す『第6波』」――。

 上記の通り、日経、朝日、毎日3紙は、岸田文雄首相が「新しい資本主義」を唱えていることを踏まえて資本主義論を語り、産経、読売、本紙の3紙は新年日本経済の課題を扱っている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。