ワシントン・タイムズ・ジャパン

彭帥さん安否など外相に強い対中人権外交求めた「日曜報道」橋下氏

中国習近平国家主席

国内を問うサンモニ  中国のウイグル族強制収容、香港民主派への政治・言論弾圧などに対する人権外交が注目されている。岸田文雄首相は中国を念頭に人権問題担当首相補佐官を新設した。

 ただ日本に人権外交は不慣れだ。敗戦後、戦勝国に「人道に対する罪」など東京裁判で裁かれて以来、長らく謝罪外交を繰り返してきた。他国に人権で口出しすればやぶ蛇になりかねない。それが時代も変わり、令和の世になると「いつか来た道」に中国が似てるように見える。

 14日放送のTBS「サンデーモーニング」は、「風をよむ」のコーナーで中谷元・人権問題担当首相補佐官の就任に触れて「世界で問われる人権」を扱ったが、案の定、日本の向き合い方が消極的な点を強調した。中国のウイグル族強制収容に対して米国、欧州連合(EU)、英国、カナダなどが3月に中国当局者へ制裁を科しても、日本は「深刻な懸念」の表明にとどめて加わらなかったと指摘。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。