«
»

ODA大綱改正に向け「軍事的用途の回避」見直しに賛意示した産経

◆評価した読・産など

 発展途上国の経済発展などを支援する政府開発援助(ODA)は、第2次世界大戦後の世界の復興の中で1960年に国際開発協会(IDA、通称・第二世界銀行)、1961年に開発援助委員会(DAC)が設立され、その支援体制を整えてきた。DAC諸国のODA実施では純額ベースで米国が長年、世界最大の援助国だったが、1989年に日本が首位となり翌90年を除き、2000年(約135億㌦の拠出)までの10年間にわたり最大の援助国だった。2001年には米国が再び首位となり、経済停滞などでODA予算を削減し続けてきた日本は09年現在で米国、フランス、ドイツ、英国に次いで第5位(約95億㌦)と後退している。

 日本から初めてODAを拠出したのは二国間援助で、1954年にビルマ(現、ミャンマー)と結んだ「日本ビルマ平和条約及び賠償・経済協力協定」による賠償供与であった。今年はそれから60年を迎える節目の年である。二国間援助によるODAはその後、フィリピン、インドネシアと続いた。ODAでは日本は二国間援助とともに、国際連合世界食糧計画(WFP)などの国連機関やアジア開発銀行(ADB)などの国際機関に資金を拠出する多国間援助を行ってきたのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。