ワシントン・タイムズ・ジャパン

大谷翔平の活躍ぶりを監督との一問一答などで分析したNW日本版

エンゼルスの大谷翔平、日米通算で100本塁打

よい意味で感情出す  ニューズウイーク日本語版10月12日号で総合タイトル「大谷翔平がアメリカで愛される理由」を特集している。監督の声、現地のスポーツジャーナリストの評論など、日本人向けの米国発週刊誌でないとできない延々16ページの賑(にぎ)わしい企画だ。「二刀流の成長はまだ続く」と題した、大谷が所属するロサンゼルス・エンゼルスのジョー・マドン監督へのスコット・ミラー(MLB〈大リーグ〉専門スポーツジャーナリスト)のインタビューが興味深い。

 マドン監督はまず「ショーヘイについて言えるのは、彼は(二刀流を認める球団と)契約したということだ。後は彼のやりたいようにやらせるだけ。ああしろ、こうしろとうるさく言わないこと」と、大谷の挑戦、進取の精神に敬意を表す。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。