ワシントン・タイムズ・ジャパン

SDGs下での人権留意を求められる企業行動に着目する東洋経済

 SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略である。

企業の信用失う恐れ

 今やSDGs(持続可能な開発目標)が時代の潮流になっている。2015年に国連が定めたもので、①貧困をなくす②全ての人に健康と福祉を③誰もが取得可能で、なおかつクリーンなエネルギーに―など17の開発目標について30年までの達成を目指すというもの。今ではSDGsは学校の総合学習のテーマからボランティア活動、企業の取り組みまで認知度は確実に上がってきている。

 そうした中で東洋経済(9月25日号)は、企業と人権という観点からSDGsを取り上げた。見出しは「SDGsが迫る企業変革 ビジネスと人権」。この特集の趣旨としては、「欧米では企業に対し、人権リスクの把握と対策を求める動きが高まっている。後れを取る日本企業が対応すべき課題に迫る」とし、人権問題に配慮した企業経営が今求められていると訴える。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。