«
»

藤井聡太世代と羽生善治九段の違いを先輩棋士らが語った3誌

◆藤井の強さは終盤力

 将棋の藤井聡太二冠(19)の大活躍で将棋ブームが続いている。週刊誌3誌が夏の恒例の合併号などに、藤井と元名人羽生善治九段(50)を比較してその強さを分析している。それが平成と令和の社会を映す「世代論」にもなっていて興味深い。羽生は1985年に15歳で中学生棋士としてデビュー、96年2月には25歳で将棋界にあるタイトルをすべて制覇した。藤井は現在棋聖、王位の二冠。

 週刊文春8月26日号では「藤井聡太と羽生善治は何が違うのか」をテーマに、先崎学八段と杉本昌隆八段が対談している。先崎は「彼(藤井)の将棋は無駄がない。肉食獣が草食動物を追い詰めるときみたいに,最小限の力で一気にやる」。藤井の師匠でもある杉本も「(藤井は)回りこんだり、待ち伏せしたりとかはないですね」と。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。