ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

ネットに飛び交うワクチン・デマと「フィルターバブル」を解説したNHK

モデルナ製のワクチン(UPI)

◆接種で不安感薄らぐ

 感染力の強いデルタ株に置き換わったことで、新型コロナとの闘いは新たなフェーズに入っている。PCR検査の陽性者数は記録更新の毎日だ。しかし、筆者の不安感は最近、かなり薄らいでいる。ワクチンの2回目接種を終えて3週間が経過したからだ。接種の心理的効果と言えるだろう。

  ワクチン接種がある程度進んだことで、その効果が数字となって表れている。例えば、大阪府の調査によると、今年3月1日から8月15日までの新規陽性者は8万5325人。そのうち、ワクチン未接種者は8万3207人。つまり、接種して感染した人は2118人だけだった。また、死者は1557人、重症者1984人を数えたが、2回接種して14日経過した以降に発病した人に死亡・重症者は出ていない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。