ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

「核の戦狼外交」へ虎視眈々の中国へ警戒感乏しい「原爆の日」各紙社説

◆脇甘過ぎる朝毎東京

 広島は6日、76年目の「原爆の日」を迎えた。

 昭和20年8月6日午前8時15分、米国が対戦相手だった日本の広島市に世界で初めて原子爆弾「リトルボーイ」を実戦投下した。人類史上初の都市に対する核攻撃だった。

 6日の各紙社説は、いずれも「原爆の日」を取り上げた。

 核に対するスタンスは、朝毎東京の脇の甘さが顕著だ。

 安全保障を担保するというのはリアリズムの世界だ。地に足が着いていない空想的理想主義や観念先行だと、地域の安全保障そのものを奈落の底に陥れかねない。

 朝毎とも今年1月、50の国・地域で発効した核兵器禁止条約を取り上げた。同条約では核兵器の開発や実験、保有、使用を全面的に禁止することが盛り込まれている。ただ同条約には米露中英仏をはじめとした核保有国は一国も参加していないし、「核の傘」に守られている日本や北大西洋条約機構(NATO)加盟国なども批准していない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。