ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

東京五輪閉幕、あくどい「幻想」を振りまき大恥をかいたリベラル各紙

東京五輪の閉幕式の一場面(UPI)

◆「金」に値する対応力

 「やってくれて、ありがとう」。閉幕した東京五輪はこの一言に尽きるのではないか。選手だけでなく、多くの人からこの声が聞かれた。

 新型コロナ禍が世界を覆っている厳しい環境下での開催だった。困難を乗り越え205の国・地域から難民選手団を含め1万1000人の選手が東京に集い、熱戦を繰り広げ、互いの健闘をたたえ合った。五輪が新型コロナウイルスの感染拡大につながることもなかった。

 次期開催地のパリ五輪・パラリンピック大会組織委会長のトニ・エスタンゲ会長は「五輪を開催するため、こんなに多大な努力を注いだ開催都市は少ない。東京は対応力で金メダルに値する」と称賛している(読売7日付)。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。