ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

中国が抱える課題を分析し、30年後も米国を凌駕できないとみる2誌

7月1日、北京の天安門広場で開催された中国共産党創立100年記念式典に出席した習近平国家主席(前列中央)と胡錦濤・前国家主席(同右)、李克強首相(同左)(EPA時事)

◆世界の覇権握る野望

 中国共産党は今年7月、結党100周年を迎えた。そして2049年に中国建国100年を迎える。

 中国は1978年に鄧小平の主導の下、「改革・開放」路線に転じて以来、西側の資本と技術を積極的に取り入れ、市場経済システムを導入。2010年に国内総生産(GDP)で日本を抜き、世界第2位の経済大国に躍り出た。今や「一帯一路」で発展途上国はおろかヨーロッパに触手を伸ばす。一方、軍事では南シナ海で軍事基地を造成。宇宙、科学技術、金融・通貨などあらゆる分野で存在感を示し世界の覇権を握ろうとしている。

 そんな中国の野望を分析しながら、この国が現在抱える課題、さらに30年後の姿を経済誌2誌が展望した。一つは週刊エコノミスト(7月6日号)で「日本人が知らない中国 本当の危機」。もう一つが週刊東洋経済(7月24日号)で「2050年の中国~世界の覇者か 落日の老大国か」との見出しを打つ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。