«
»

中国共産党100周年式典での“共産主義復活宣言”を見過ごす各紙

◆朝日の空想的改革論

 7月1日、中国共産党100周年式典が天安門広場で開催された。

 天安門の壇上に立った習近平総書記は、「中国共産党はマルクス主義の基本原理を堅持し、21世紀のマルクス主義の発展を継続していく」と“共産主義復活宣言”を出した。

 中国は鄧小平以後、共産主義を棚上げした上で資本主義を導入。計画経済から市場経済へと大きく舵(かじ)を切ることで、ダイナミックな経済発展を遂げることに成功した。

 それを共産党政権はこれまで「中国式社会主義」といった表現で、保守派からの反発をかわしてきた経緯がある。

 今回の習総書記の演説は、これまでの弁明的「中国式社会主義」から確信的「共産主義」への回帰をうたい上げた格好だ。その様は、顔に手をかざした瞬間、面が変わる中国伝統芸能の変面にも似て、従来の偽装自由市場の仮面を脱ぎ棄てた瞬間のようにも思えた。

 2日付各紙は、その歴史の節目を捉え切れていない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。